« 「リーディング・マラソンやってます」その2 | トップページ | 「今年度卒業24期生の役員が決まりました」 »

「3年生へ同窓会の案内をしました」

母校は,今日まで期末試験でした。

期末試験終了後,3年生の学年集会で,西本副会長と曽余田事務局長が,同窓会の案内をさせていただきました。
いままでは,毎年3学期の登校最終日までに,各クラスの担任の先生を通じて,クラス代表委員を決めていただいていました。今年は,同窓会役員が3年生の皆さんへ,直接のアナウンス。新しい試みです。

同窓会からの卒業記念品も既に発注済み。3年生の皆さんが,安芸府の坂を上って登校するのも,実質1ヶ月ほど。
本当に卒業まであと少しです…。
残り少ない安芸府での高校生活,心残りの無いように過ごして欲しいものですね。

|

« 「リーディング・マラソンやってます」その2 | トップページ | 「今年度卒業24期生の役員が決まりました」 »

コメント

このブログって在校生も見てるのかな・・・?まあ誰か見ていると信じて・・・3年生の、特にこれから受験が始まる皆さんに励ましのメッセージを送りたいと思います。以下の文章は私自身のものではありませんが、受験生の皆さんに少なからずパワーを与えてくれるものだと確信しています。勉強がつらくなったり、不安に押しつぶされそうになったとき、ぜひ目を通してみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  <夢が叶う日まで>

 私は、受験生の頃、第一志望の大学をよく見に行きましたが、そこの近くの本屋で見つけた文庫本にこんな言葉が載っていました。

        ふりむくな
        ふりむくな
        うしろには
        夢がない

 今は母校となったこの大学の先輩の言葉は、当時弱気になりかけていた私を随分と励ましてくれたものです。そして、自分の「夢」は何なのか、なぜこの大学で学びたいのかを改めて考えさせられました。さて、あなたはどうですか?今一度、あなた自身のかけがえのない「夢」がみえているかどうか自分の胸に問うてみてください。

 皆さんはこの一年、それぞれの「夢」をつかむために地道な努力を積み重ねてきたはずです。大学入試はその「夢」までの一つのハードルにしか過ぎませんが、ここをどのように飛び越えていくかは、皆さんの今後にいろいろな影響を与えていくことでしょう。

 ただ、今のあなたにはそのハードルの高さがまだ十分には見えていないはずです。そんな時、つい今の自分の力では飛び越えられないような高さを想像して疑心暗鬼に陥ってしまうこともあるかもしれません。あるいは、今まで歩んできた道のりが間違っていたような気がして、目の前のものから逃げ出したくなるかもしれません。
(途中一部省略)

 そういった不安を紛らわすように、古い模試の成績表を引っ張り出して一喜一憂してしまうかもしれません。でもそんなことより、大切なことは前を見つめて進んでいくということです。「うしろには 夢がない」のです。

 では、振り向かずに目の前の障害物を飛び越えていくために一番確実で、もっとも必要なことは何だと思いますか。それは目標に向かって、気持ちを集中して走ることです。今までもあなたはそうやっていくつかのハードルを飛び越えてきたはずです。

 これまでひたむきに歩んできたあなたには、もはや「ふりむく」必要はないのではありませんか。迷わずに目の前のハードルを鮮やかに飛び越えるために、そしてその先にある新たなハードルを越えていくために、勢いよく助走を始めてください。あなたにはそれができるだけの力があるはずです。

 あとは走って走って、そして自分のこれまでのすべての努力をわずかな時間に賭けてみてください。あなたの思いが強ければ強いほど、高く美しく飛ぶことができるでしょう。

 「あなたの夢が叶う日」までもうすぐなのです。

                (増進会出版社指導部)

投稿: ココナッツサブレ | 2005年12月22日 (木) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「リーディング・マラソンやってます」その2 | トップページ | 「今年度卒業24期生の役員が決まりました」 »